天日にさらされ、自然乾燥している耳納杉

天日にさらされ、自然乾燥している耳納杉の様子です。
岩佐製材所で9月に製材された原木が、半年間の時間を経ていよいよ耳納杉のフローリングとして出荷されます。
自然乾燥の為、多少含水率は多目ですが心地よさが感じられます。
Doopの耳納杉フローリングは、ここから出荷されます。

20201211-01.jpg

20201211-02.jpg

カテゴリ

月別アーカイブ