杉端材の薪割り

杉端材の余りを薪割りしました。外の屋根下に置きっぱなしだったので、表面は日に焼けて煤けていたのですが、割ってみると、中身は綺麗な杉の面が出て来ます。
無垢材は、汚れや傷はつきやすいものの表面を削ってしまえばまた綺麗な木目が現れるのが魅力。 
こうして、さり気なく積むだけでも、インテリアとして?良い感じです^^そして、割るとまた杉の香りが香っていました。

20210623-01.jpg

20210623-02.jpg

カテゴリ

月別アーカイブ