Nature Architect

天然木と暮らす
邸宅にふさわしい、
自然を取り込む
上質のレジデンスを創造。

「DOOP飯倉の杜」は、天然木の空間で暮らすレジデンスです。そのコンセプトを丁寧に生かし、日々、木の温もりや香りに包まれ、ご家族が優しい気持ちで日々を過ごされる住まいのカタチを考えてプランニングしました。外観は周囲の庭と共鳴する植栽を用いながら、建物は形状に変化を持たせるものの、あくまでもシンプルでスタイリッシュな表情へ。共用空間にはプライベート空間へ誘う装置として天然木をポイント的に使用し、わが家へ帰る気持ちをさりげなく演出しています。耳納連山の杉を採用した住戸内は、ご家族が集まる空間に力点を置き、温かく香り豊かな木の空間で豊かなコミュニケーションが育まれるよう計画しています。

福永 博 (建築家)

1945年福岡市生まれ。福岡大学建築学科卒業。福永博建築研究所 所長。
歴史や文化・伝統から学び、理解したものを継承しながら社会や地域に必要なことが何かを考え、その上で、住む人、使う人の立場に立った「建築と街づくり」を実践している。生け花の師範でもあり、100項目を超す特許も取得している。マンションの革命ともいえる超長期耐久マンション[300年住宅]を提唱し、建物を実際につくることで証明している。日経BP社より同名の著書がある。

洗練された、
スタイリッシュな印象。
新時代のスタイルを表現した
外観ファサード。

Facade

「DOOP飯倉の杜」の外観は、敷地形状を丁寧に活かして3つのブロックを組み合わせたようなデザインを採用。2つの面は南向きに、残りは東向きにデザイン。タイル、ガラスとコンクリートをシンプルに組み合わせるとともに、大きな窓ガラスを印象的にあしらい、スッキリ洗練された表情へと高めました。

自然の気配を感じるエントランス。
ホッと落ち着ける心地いい空間に。

エントランスには、インターホンの飾り台やアクセント壁に天然の木を用いて、それぞれの邸宅へ向かう気持ちを包むように自然を感じられる工夫を凝らしています。エントランスからは中庭に設えた植栽が眺められ、風にそよぐ木々を見てホッと一息つける優しい空間を創造します。

※掲載の完成予想図は、図面をもとに作成したもので実際のものと異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。また敷地内のみ表現しております。
※完成予想図の植栽は、異なる開花時期のものを同時に表現しています。また、樹木は成長した状態の予想図です。

Landscape

立地条件を最大限に活かし、
安心安全に暮らせる敷地配置を実現。

ランドスケープは、建物を道路からセットバックさせ、その空間に緑豊かな植栽を配しました。周辺の住宅の庭の木々と優しく溶け込みながらも、誇り高い表情と気品を纏わせました。
また、植栽はリビング・ダイニング面に配することで、低層階のオーナーには心理的な緩衝帯となって周囲を意識することのない暮らしに配慮しています。全住戸分の駐車場を設置するとともに、歩車分離設計により安全安心な日々を創出します。

※掲載のイラスト図面は、実際のものと多少異なります。また、イラスト図面はスケール等に若干の差異が生じます。

四季を通じて楽しめる、彩り豊かな植栽を計画。

「DOOP飯倉の杜」では、敷地内に一年を通じて豊かな表情を創出する植栽を計画。
季節ごとに趣を変え、見るたび、通るたびにその彩りを楽しめ、天然木の暮らしを愛するオーナーの心を潤す自然とのふれあいを大切に考慮しました。