天然木でつくる、 新しいマンション。

DOOP VILLAGE 山荘通り

RENOVATION PLANNING DOOP

MINOU CEDAR

福岡県うまれの
ブランド木材
それが「耳納杉」です。

日本の山で一番多く育っているは杉の木です。木目がまっすぐ通っていて、柔らかく加工しやすいのが特徴。柱や梁などの構造材、天井や壁、床などの内装材、また、障子や襖や木製建具、さらに、おひつや曲げわっぱなどその用途は幅広く、昔から日本の暮らしの中に根付いてきたことが分かります。 実は、福岡県筑後地方もその産地のひとつ。 筑後川の上流、耳納連山で浮羽森林組合管理のもとで育てられる「耳納杉」は 下草刈り、枝打ち、間伐と丁寧な手入れを経て、伐り時や状態を見て伐採されます。その中でも品質の良い樹齢 60 年のものが選定され耳納杉の原木となります。 原木は製材所に運ばれて一次製材され、桟積した状態で天日のもと時間をかけて天然乾燥。さらに二次製材された後、柱や梁や床材など家の様々な部材となり、建築の現場へと供給されます。私たちDoopは『耳納杉産直ネットワーク』を通じ、このふるさとの恵みを使い木材の地産地消、 顔の見える家づくりを積極的に行っています。

「顔のみえる」家づくりは
ふるさとも笑顔にする。

かつて家づくりは、その地域で育った木材ですべて賄われていた時代がありました。 近くの山で育った木を伐りだして製材し、その土地の職人さんが家を建てる。「木がどこの山で育ち、それがどこで木材になり、そして誰が建てたか」わかる家。そんな「顔の見える家づくり」を、いまの時代にも実現させたい。 その理想を胸にDoop は「耳納杉産直ネットワーク」に参加しています。 福岡県産の耳納杉を活用することは、家づくりの地産地消です。ふるさとの山の活性化にもつながり、また、輸送距離が短くて済むため運搬によるCO2 排出量を削減するなど、環境にも優しい家づくりと言えます。空気を多く含み、冬でも足触りが温かく、調湿性能も高い杉の木。快適な住まいづくりと、ふるさとの山を元気にするためにDoopは福岡県産ブランド木材「耳納杉」の普及に力を入れています。

耳納杉産直ネットワーク

浮羽森林組合/耳納杉の手入れ・伐採・丸太へ加工
岩佐製材所/天然乾燥・建材へ加工
福岡中小建設業組合/家づくりを通した耳納杉の供給

Back to Index

share: facebook
Copyright © Renovation planning Doop.