福岡の中心、大名で自然素材の耳納杉を使い、都会の喧騒を忘れさせてくれる部屋に仕上げました。

大名サンハイツ

築33年のマンションを、南の窓からの陽光を活かしたリビングルームに仕上げました。
白い壁の素材と耳納杉の床のコントラスが見事にマッチしています。

物件概要

築年数
33年
間取り
2LDK + S
リノベーション費用
約900万円
専有面積
62.32㎡

独立キッチン

独立キッチン

あえてキッチンはオープン型にせず、リビングから独立させました。
それぞれの機能を分離して、キッチンから玄関へ、そして洋室への動線を考慮しました
キッチン前には小窓を設け、後ろには大型収納を設けております。

独立キッチン

リビング

広々リビングは南向きで、洋室と一体化して、生活できるスペースに。
普段は引戸を開けて14帖の部屋に。来客時は4枚の引戸を閉めて使用出来る工夫を考慮

独立キッチン

洋室

リビングの引戸を閉めれば、個室になり寝室にもなります。
照明もダウンライトや、スポットライトを使用しています。
クローゼットも収納力たっぷりです。

独立キッチン

飾り棚

リビングルームには、TVが置ける大きなカウンターを設けて、すっきりしました。
色々な飾りものも一緒に並べて、リビングに装いを。
壁面には、飾りを兼ねて互い違いにおける飾り棚を設置。気分に応じて位置を変えて気分転換できます。

その他施工事例