LDKを広めに取った、ゆったりした空間に。一角には、和室のスペースを設け、扉の
開閉によりLDKと一体になる様な緩やかな空間を作りました。

センダンの木のキッチンダニングが主役の部屋

桧の床材とセンダンの木のキッチンダイニングが、空間を柔らかく包んでくれています。

物件概要

築年数
1987年1月
間取り
3LDK
リノベーション費用
約900万円
専有面積
74.98㎡(壁芯)

玄関に入ると、早速センダンの木の天板が迎えてくれます。

玄関に入ると、早速センダンの木の天板が迎えてくれます。

LDKの主役であるセンダンの木のキッチンダイニングと揃えて、靴箱天板もセンダンの木を使用。
靴箱は、床から少し浮かせて取り付けることで、足元をスッキリさせつつ、間接照明を入れることで玄関の雰囲気をグッと良くしてくれています。

玄関に入ると、早速センダンの木の天板が迎えてくれます。

センダンの木のキッチンダイニング

LDKに入るとまず目に飛び込んでくるのが、このキッチンダイニング。大川にて加工・製作いただいたセンダンの木が、システムキッチンを囲んでいる様な作り。
ダイニングテーブルの役割も兼ねており、キッチンに立って料理する人との対話を楽しめ、料理を作って提供する流れもスムーズ。使い勝手の良さも魅力です。

玄関に入ると、早速センダンの木の天板が迎えてくれます。

LDKの一角には、嬉しい和室も。

LDKとの空間を緩やかに繋げてくれながら、格子戸を閉めると独立した空間としてもきちんと
役割を果たしてくれます。宿泊を伴う来客時やちょっと横になりたい時など様々なシーンであると嬉しい和室。格子戸は、桟の間隔を極力狭め、程よく視界を遮ってくれながらも、光は上手に届けてくれるのが特徴。

玄関に入ると、早速センダンの木の天板が迎えてくれます。

キッチン背面には、シンプルな棚板を。

キッチンダイニングに合わせ、背面にもセンダンの木の棚板を取り付けました。
ちょっとした飾り棚として、ワークスペースとしても活躍しそうな場所です。

その他施工事例