CONCEPT

- コンセプト -

天然の無垢材でつくる
快適空間。

※完成予想図は計画図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際と異なります。なお敷地周辺の電柱・電線等につきましても再現しておりません。
表現されている植栽は竣工から初期の育成期間を経た状態のものを想定して描いております。

都市と森をつなぎ、
住まいに木のやさしさを。

天然木を使って高品質のリノベーションを手がけてきたDOOPがプロデュースする新築集合住宅。DOOP VILLAGEシリーズは「まちに森をつくろう」をコンセプトに、木に包まれた新しい都市居住のスタイルを提案しています。都市の高い利便性と堅固な構造を備えたマンションに、木のやさしさや温もりに包まれた住空間をプランニング。そこには、施工の手間や傷がつきやすいなど、一見非効率なものを取り込み、自然に、心地よく、自由な住まいづくりに対するDOOPの想いがあります。そうした住まいを1本の木と考え、それらが増え、まちに大きな森をつくっていく。住まいも、人も、まちも。自然のやさしさを感じられる暮らし。そんな想いを1邸1邸に込めました。

マンションだからこそ、
住む人の五感に響く木の空間を。

都市化が進む中でコンクリート造のマンションが普及し、家には無垢の木を使うという日本の住文化は大きく変化しました。しかし、今、エコへの取り組みなどで自然志向が高まり、天然木の優しさが再認識され、ナチュラルで温かい住まいが注目されています。福岡の県産材を中心に天然木をふんだんに使った「DOOP 多賀の杜」は、木の香り・温もり、柔らかさなど、住む人の五感に響く、新しくて懐かしい新発想の都市型マンションです。

福岡県産の「耳納杉」をはじめ、様々な木材をご用意。

ひとくちに木材と言っても、様々な種類があり、それぞれに異なる特徴や魅力を持っています。DOOP VILLAGEシリーズは、福岡県産のブランド材「耳納杉」をはじめ、国産材を中心に様々な木材をご用意。ご家族の感性やスタイルに合わせてセレクトできます(一部素材は有償となります)。

福岡県産ブランド木材
耳納杉

メインの床材として使用している福岡県産ブランド杉「耳納杉」。
Doopが使用しているのは、自然乾燥させた耳納杉の無垢材。(無節あり)

木の香りが高く、強度・耐久性、防虫性が高い木材。
サクラ
国産材は貴重で、杉や桧より硬く、磨くと光沢がでます。
ナラ
国産材は貴重で、硬く強度がある木材です。
チーク
腐食や水に強く、耐久性がある木材です。
カリン
とても硬くて丈夫な木材で、表面に光沢があります。
センダン
硬すぎず、柔らかすぎない適度な強度を持つ木材です。
お客様の理想をカタチに!
ちょい足しプラン

「こんなことできる?」
リノベーションのプロと
つくる新築

「DOOP 多賀の杜」の特徴は、使用する床材や家具などをコーディネートできるということ。
私たちは新築に加えてリノベーションを手掛けてきたプロです。これまで培った経験から、クロスの色や建具のアイディアを考えたり、天然木をはじめ珪藻土などの自然素材を取り入れるなど、お客様の理想をカタチにしていきます(※指定期間内、一部有償とある場合がございます)。ぜひ、お気軽にご相談ください。


※当社施工事例

木のやさしさに包まれた、
キナリの住み心地。


※当社施工事例

森に暮らし、木の実を食べ、薪の炎で暖をとったり、調理をしたり。住居も木造が中心だった古代の日本人にとって木は、暮らしに欠かせない存在でした。「休」という字が「人」と「木」の組み合わせによって出来ているように、人は木のそばにいることで不思議と心までも安らぎます。マンションでありながら、フローリングや壁など部屋全体に天然木を用いた「DOOP 多賀の杜」は、「キナリ」の家。木でつくられた「木成り」のやさしさ、素材本来の自然な肌触りを感じて暮らす「生成り」の心地よさを追求し、新しい都市居住のスタイルをご提案いたします。


PAGE TOP