DOOP 高宮の杜

地産地消にこだわる。地元産の天然木に囲まれた住まい

当社施工例

DOOPがお勧めする天然木

耳納杉

メインの床材として使用している福岡県産ブランド木材「耳納杉」。DOOPが使用しているのは、自然乾燥させた耳納杉の無垢材。

ひのき

木の香りが高く、強度、耐久性、防虫性があり、床材のほか水回りや土台などに使用。国産材は、木曽や和歌山などが有名。

ナラ材

硬く、強度があるのが特徴。床材や建具、家具、醸造樽などに使用される。国産材もあるが流通量は少なく貴重。

センダン

硬すぎず、柔らかすぎない適度な強度を持ち、床材、家具、水まわりなどに使用。DOOPでは大川にて加工、制作。

カリン

とても硬くて丈夫、表面に光沢を持つ。床材や床柱、家具などに使用される高価な木材。

地産地消で「まち」と「自然」をつなげる。地産地消で「まち」と「自然」をつなげる。

Image
Image
Image
Image

Doopは、天然木や珪藻土を使った住まいづくりを得意としています。
まちの暮らしに自然素材の心地よさを取り入れること。そして地元産の木を採用することで、身近な山の循環再生を図り、利用者と生産者のより良い関係を実現していくことを目指しています。
地域や地球環境を考えたこの地産地消の考えから、Doopでは、福岡県産のブランド木材「耳納杉」を使用しています。

DOOP高宮の杜は、たくさんの設計士がプランを監修しています。

専属設計士

二級建築士・福祉住環境コーディネーター二級一級インテリア設計士二級建築士・福祉住環境コーディネーター二級
一級インテリア設計士

末留 ゆか末留 ゆか
Yuka Suetome

Live style vol.2Live style vol.2

一級建築士九州大学芸術工学部 非常勤講師一級建築士
九州大学芸術工学部 非常勤講師

松井 大佑松井 大佑
Daisuke Matsui

Atelierkoma 一級建築士事務所Atelierkoma 一級建築士事務所

一級建築士一級建築士

大塚 曜子大塚 曜子
Youko Otsuka

大塚曜子 建築設計事務所大塚曜子 建築設計事務所

いつまでも住み続けられる住宅をめざして。いつまでも住み続けられる住宅をめざして。

当社施工例
当社施工例
当社施工例
当社施工例

暮らし方や好みの変化に対応できるのが、Doopのマンションです。
コンクリート床をフラットにした構造で、見えない床空間を大きくし水廻りの配水管を収めました。
そのため、将来、配水管の位置が変更しやすく、「キッチンや浴室の位置は、変えられない」といったレイアウトの制限を解消。
リノベーション時のプランの自由度が高まり、いつまでも住み続けることができます。

資料請求はこちら

※掲載の完成予想図は、計画段階の図面を基に作成したもので実際のものと異なります。 ※掲載の写真はモデルルームを撮影(2018年6月)したもので、タイプにより室内の形状・色彩・仕様等は異なります。また、一部モデルルーム仕様(有料)が含まれている他、家具・備品等に関しては配置例を示したもので販売価格には含まれません。

PAGE TOP