Doop 飯倉の杜

先着順好評分譲中先着順好評分譲中

その集合邸宅は、
大量生産できない。

気候変動等、地球規模で環境の変化が叫ばれる今、
住まいと自然との関わり方も変わろうとしています。
その新しい取り組みが、照栄建設がお贈りする集合邸宅「DOOP」です。
集合邸宅では珍しく、貴重な天然木を室内フロアに贅沢に使用。
当然、表情は一邸一邸異なり、住むほどに味わい深い表情となって豊かな空間を創造します。
この天然木は福岡の県産材を使用、森のライフサイクルの循環を促し、
環境の保全にも寄与するというもの。
また、まるで戸建の注文住宅のように、
全邸、可変性を持たせた水廻りの移動が可能な設計を採用。
様々なライフスタイルに対応できるセミオーダー仕様です。
こうした取り組みは、効率だけを追求してきた従来の住宅のあり方に警鐘を鳴らし、
将来まで見据えた資産性を追求し、
人と街と自然が共生する住まいのカタチを考えた結論です。

効率だけでは、人の心に響く邸宅はつくれない。

天然木と暮らす、
多様性に富んだ集合住宅。

森に学ぶ。

福岡県産木材「耳納連山の杉」のふるさと、
それが久留米市からうきは市に連なる耳納連山。
浮羽森林組合等が耳納連山の杉の
産直ネットワークを形成し、
木材の地産地消を実現しました。
地域で育った木材で家を建て、また木を育てる。
そうした自然の循環を考えた、
昔からの『当たり前』を、
住まいづくりに活かしています。

木と語る。

木材を使用することは、
木材に取り込まれたを放出せず
中に封じ込めるため、
削減へとつながります。
木は、大気中の二酸化炭素と
土壌の水分を用いて光合成を行い、酸素を放出。
取り込まれた二酸化炭素は木材になっても固定され、
削減に貢献します。
さらに、十分に成長した山の木材を使用することで、
新たに成長する木を山に植えることができ、
地域の水源である山を守ることにつながります。

天然素材。

天然木とマンションの融合という、
新発想に取り組む「DOOP」。
頑強な構造に守られながら、
天然木ならではの味わい深い表情を楽しめます。
木材は呼吸しているため、心地よさが持続し、
梅雨時でもさらっとした足触り。
快適で温かみもあり、なんと言っても
木材の良い香りが空間を包んでくれます。
戸建住宅とマンションの良い所を抽出、
それがこの邸宅です。