山から切り出された耳納杉

山から切り出された瞬間の耳納杉の様子です。
生々しさを感じますが、
これから製材所で切り分けられた後、乾燥されていきます。
長い年月をかけて育った経緯が年輪に刻まれています。
最近木材の値上がりが懸念されていますが、
山の主へ還元されることを願います。
Doop はこれからも地産地消を目指して、
耳納杉を応援して参ります。

20210612.jpg

Doopってどういう意味ですか?

最近リノベーションのご相談や新築分譲マンションDOOPシリーズでお問合せ頂く事が増えて参りました。
その中で、Doopってどういう意味ですか?、何て読むんですか?と言ったご質問を頂く事が増えて参りました^^
とても嬉しいです。改めてダイジェストでご説明を。

"Do+Loop"の造語として、Doop(ドゥープ)は生まれました。
行動を続け、未来へ継承するー
地元の天然木を使い、また地元の山に植樹する事で山の再生やそこで働く方々の一助になりたい。
そして、天然木を使ったマンションリノベーションや何十年先のリノベーションまで見越した新築分譲マンションを供給する事で、受け継がれていく住まいを提供して行きたい。
ここでは語り切れない程の思いをこの言葉に込めました。
これからも、Doopしていきたいと思います。

20210609-01.jpg

20210609-02.jpg

20210609-03.jpg

20210609-04.jpg

Doop 飯倉の杜 最上階眺望の様子

Doop 飯倉の杜
最上階眺望の様子です。
遠くを見渡せば福岡ドームも見えて、
視界は360℃。
飯倉の土地は、
南は福岡の観光地油山から繋がる尾根を伝って、
百道方面への街道になっていたようです。

20210608.jpg

リノベーション、デザインパネルのアイデア

Doop の提案する木のリノベーション。
T 様邸の工事も進んでいます。
断熱効果を高めるために、床下にグラスウールを充填し、
フローリングを貼り詰めていきまいました。
時間の合間に耳納杉の端材で、
デザインパネルのアイデアが浮かんできました。

20210605-01.jpg

20210605-02.jpg

20210605-03.jpg

Doop 飯倉の杜、先着順申込が始まります。

今週末より、先着順申込が始まります。
フローリングには北海道産マカバを使用。
ダイニングテーブルや、扉等には、福岡産のセンダンの木を使ったモデルルームを公開中です。
水回りが移動出来る自由設計のプランも公開中です。

20210527.jpg

リノベーション工事が始まりました。

トーカンマンション多賀のリノベーション工事が始まりました。
お部屋の解体工事と一緒に庭の手入れも始まり、
来週から本格的に工事が始まります。
そして、
明日は、Doop里山活動にに行ってきます。

20210525-01.jpg

20210525-02.jpg

20210525-03.jpg

20210525-04.jpg

農作業に出掛けよう!

住み替え相談会開催中

カテゴリ

月別アーカイブ