第3回ふくおか住まいラボ、うきは市バスツアー

20130626-01.jpgふくおか住まいラボ、第3回の今回は福岡市を飛び出て耳納杉の産地、うきは市へのバスツアーを開催いたしました。

高速道路を通って1時間、都心からあっという間に田園風景が広がるうきは市に到着しました。ちょっとした小旅行にママさんたちも心なしかウキウキしたご様子。



20130626-02.jpg今日は最初に耳納杉を育成・管理・搬出する浮羽森林組合で、林業の現状についてのお話しを聞きました。
木のマンションリノベーションを柱とするDoopにとって、山の実情はとても大切な内容です。

20130626-03.jpgうきはで林業が盛んなのは、日田や八女といった同じく林業を産業の中心に置く街との間に位置していたことが大きかったこと、昔と比べると外国産や合成素材の普及で木の価格が3分の一以下になってしまっていること、定期的に山の整備をしないと大きな災害に繋がってしまうことなど、林業の現状についてとてもわかりやすく説明して頂きました。県産材を有効に活用していくことは、住宅事業者として大事な使命であることを改めて知ることができました。

20130626-04.jpgその後は、耳納杉の加工を行う「岩佐製材所」の見学です。
木をこよなく愛する岩佐社長に丁寧に工場内を案内して頂きました。
耳納杉はこの製材所で、自然にも環境にも木材にも優しい「自然乾燥」を経て住宅用に使われる木材へと加工されていきます。
削りたての丸太や加工されたばかりの製材など普段目にすることのない木材の姿に驚きながら、木の香りがただよう敷地を歩いているとどこかママさんたちも気持ちよさそうです。

20130626-05.jpg浮羽森林組合や岩佐製材所が取り組んでいる耳納杉産直ネットワークのさらに詳細な情報は下記よりご覧ください。
https://sanchoku.fkchk.net/03.htm


次回のふくおか住まいラボは、珪藻土の塗布体験とリノベーション自主提案の課題発表を行います。
ぜひご期待ください♪

カテゴリ

年別アーカイブ